Perio

  • TOP
  • 歯周病治療

症状が無くても進行するのが歯周病です

症状が無くても進行するのが歯周病です

歯周病とは、歯垢(プラーク)に含まれる歯周病の原因菌の作用で歯ぐきが炎症をおこし、歯を支える組織やあごの骨が溶けていく病気です。初期段階は自覚症状があらわれないので、サイレントディジーズ(静かに進行する病気)とよばれ、広く蔓延しています。そして、日本の成人が歯を失う原因の第1位が歯周病なのです。

埼玉県川口市の新井宿駅徒歩5分の歯医者「たのうえ歯科医院」では、歯周病の予防や治療に力を入れていますので、まず歯周病について正しい知識を身につけてください。

歯周病が全身に与える影響

歯周病が全身に与える影響

歯周病は口腔内だけの病気のように思われがちですが、全身疾患との関連性も報告されています。口腔内で増殖した歯周病の原因菌が血管から血液中に入って全身を巡るとさまざまな部位で影響をおよぼすリスクを負うのです。

心疾患

血液中に細菌が入ると血栓をおこしやすくなりますので、歯周病にかかっている人はそうでない人よりも心疾患をおこしやすいといわれています。またさまざまな部位でおこる梗塞も心配です。

誤嚥性肺炎

飲み込みがうまくいかず、気管に歯周病の原因菌が多く含まれる唾液を入れてしまうと、とくに免疫力が低下しているご高齢の方が重篤な症状をおこしやすいので注意が必要です。

糖尿病

糖尿病を発症していると歯周病にもかかりやすいといわれ、また一方が改善すると他方も改善することや、その反対に一方が悪化すると他方も悪化することなどが報告されています。

低体重児出産・早産

妊婦さんが歯周病を悪化させてしまうと、体内に取り込まれた歯周病の原因菌や産出する毒素によって子宮の筋肉に刺激が与えられ、早産のリスクが高くなるといわれています。

隠れたリスクを見つけ出します

隠れたリスクを見つけ出します

医院で設定した独自の7つのチェック項目に回答すると、それぞれの項目がスコア化されトータルの数値評価がでます。これによりスコアが低い項目の改善ポイントが見えてきます。イラストが分かりやすいアプリです。

チェック項目
  • 歯科来院頻度
  • 喫煙歴
  • 糖尿病
  • ホームケアリスク
  • 出血
  • 歯周ポケット
  • 骨吸収

歯周病検査・治療方法

検査
歯周ポケット検査

歯周ポケット検査

歯周病が進行すると歯と歯ぐきの溝が深くなり歯周ポケットを形成します。「プローブ」という器具で深さを測り、歯周病の進行度合いを検査します。

歯の動揺度研鑽

歯の動揺度研鑽

ピンセットのような器具で歯をつまみ、どの方向にどのくらい動くかを検査します。動揺度が大きいほど歯周病が進行しています。

レントゲン検査

レントゲン検査

歯を支える、まわりのあごの骨の形状や密度を調べて、歯周病の進行部位や度合いを検査します。骨の色が薄いほど、骨密度が低下しています。

治療

治療

歯周病の治療や予防の基本は汚れを落とすことです。そのためまず、歯石や歯垢、バイオフィルムを除去します。そして毎日のブラッシングで汚れを落とせるように、ブラッシング指導をします。アドバイスするのは、歯ブラシの種類や持ち方、動かし方のほか、デンタルフロスや歯間ブラシの活用の仕方などです。

うがい薬で口腔ケアを済ませる方がいらっしゃいますが、それでは不十分です。歯周病を進行させるのは、歯にこびりついた細菌ですので、うがい薬では取り除けません。ブラッシングの方法やさまざまなデンタルグッズ、フッ素入り歯みがき粉の活用法などをお伝えします。

歯周病対策には免疫向上がポイント

歯周病対策には免疫向上がポイント

歯周病対策として当院では“菌活”をおすすめしています。それはロイテリ菌入りのヨーグルトを積極的に食べて、口腔内環境を整えることです。

歯周病は細菌感染ですので、免疫力が低下すると発症・進行しやすくなります。そのため、免疫力を高めることも歯周病対策につながります。運動も大切です。歯周病は年齢を問わず発症の可能性がありますが、年配の方に見られがちなのは、若いころよりも免疫力が落ちているからだといえるでしょう。

歯周ポケットを意識したブラッシング

歯周ポケットを意識したブラッシング

歯周病対策につながるのがブラッシングです。歯の表面だけみがくのではなく、歯と歯ぐきのさかいを重点的にきれいにしましょう。歯ブラシの毛先を45度の角度であてて、軽い力で5mmくらいの振れ幅を意識して細かく動かして汚れを落としてください。