Caries

  • TOP
  • 虫歯治療

初期の虫歯から徹底した診断を行います

初期の虫歯から徹底した診断を行います

歯を削って治療するのはかんたんです。しかし、いったん削った歯はもう元には戻りません。天然歯に勝る人工歯はありませんので、できるだけ削らないことが大切なのです。

埼玉県川口市の新井宿駅徒歩5分の歯医者「たのうえ歯科医院」では、大切な歯をできるだけ残すために、初期の段階の虫歯をしっかりと見極めます。あわてて、やみくもに削って修復するのではなく、まず精密検査をするのです。また、1年に1回はレントゲン撮影によるモニタリングをします。そして予防処置を行いながら、その歯が本当に悪さをする虫歯なのか、噛めないので治療が必要なのかなどをチェックするのです。厳しい目で診査・診断し妥協をしません。

ミニマルインターベンションという考え方

ミニマルインターベンションという考え方

ミニマルインターベンション(低侵襲治療)とは、できるだけ削らない、できるだけ神経をとらない、できるだけ抜かないという、歯や歯ぐきなど身体に負担を可能なかぎりかけない治療です。虫歯治療では健康な歯質をできるだけ残し、虫歯に汚染された部分だけを取り除こうという考え方です。

以前は、虫歯予防のために虫歯になりやすい部位まで削ったり、神経に近い部分が汚染されているときには神経を抜いたりすることがありました。しかしいったん削ったり抜いたりするともう元には戻りません。神経を抜いた歯はもろくなり寿命が縮まってしまいます。そうならないように、当院ではミニマルインターベンションが基本です。

痛みを抑える取り組み

痛みを抑える取り組み

痛みに敏感な方も治療に不安がある方も歯科治療を受けていただけるように、当院では笑気麻酔に対応します。鼻から低濃度の“笑気”を吸い込むと5分以内に、少しボーっとした“いい気分”になります。笑気麻酔が効いて鎮静状態になると、局所麻酔などの刺激や痛みをあまり感じないうえ、リラックスするので、安心して治療を受けられるのです。

笑気麻酔は保険診療でできますので、歯医者が苦手な方もこわがりなお子さんも、お気軽にご相談ください。

削った歯は元に戻らない、だから予防を

削った歯は元に戻らない、だから予防を

虫歯も歯周病も初期段階は自覚症状があらわれないので、静かに進行します。そして「痛い」「しみる」「腫れている」「出血する」などに気づいたときには、すでにかなり進行しているのです。虫歯により溶けた歯質や歯周病で壊れた歯のまわりの組織は、元通りには回復しません。さらに、病気だけでなく治療の際にも歯はダメージを受けます。そしてどんどんダメージが蓄積されて、その歯の寿命を縮めてしまうのです。

お口のトラブルに気づいてから歯科医院で治療を受ければいいと考えないでください。虫歯も歯周病も再発しやすい病気ですが、しっかりケアをすれば予防が可能です。病気を未然に防げば治療をしなくて済むのです。歯科医院は予防のために行くところと捉え、定期検診やメンテナンスを積極的に活用してください。