川口市の歯科・歯医者ならたのうえ歯科医院へ
HOME>医院案内

低侵襲治療

低侵襲治療
最小限の低侵襲治療について
歯は削って詰めても強くなるわけではありません。
なるべく削らないことが大事だが、むし歯は削らないと広がります。
同じむし歯の治療でも低侵襲の治療があるのを知ってますか?
    
コンポジットレジンという詰め物です。銀歯とは違い健康な歯の部分を
大きく削ることはありません。この症例は、鍵穴トンネリング法という技術を用いて歯の外形をまったく崩さず修復しています。大きいむし歯はレジンだとかけてしまう心配があります。小さい穴は、レジンが1番です。当院では、出来る限り、大きく被せないで、低侵襲のレジン修復治療を行っています。



これはブリッジという治療です。なくなった両隣の歯を削って3つの、つながった歯を被せてます。
ブリッジの欠点は、なくなった歯のために、両隣の歯を大きく削ることや無くなった歯の分まで力の負担をすることです。


     
これは、インプラント治療です。両隣の歯を、削らないで守りました。両隣の歯に負担をまったくかけてません。これも最小限の侵襲治療だと思います。インプラントとはチタンのネジを骨に埋めて人工歯根をつくる治療です。
     

    
奥歯がなくなり、後ろに埋まってる親知らずがあったので、矯正治療により
引っ張ってきました。入れ歯やブリッジと違い隣の歯に負担をかけない低侵襲
治療です。

  
    
ブリッジにはせずに、完全に埋まっている親知らずを移植して両隣の歯を削らずに守りました。
いらない親知らずがあれば、移植という治療は成功率も非常に高く、最小限の低侵襲治療だと思います。

これらは全て当医院での治療であり、日常的に行っていることです。大きく削って大きく被せると、歯科医院の利益は上がりますが、患者利益はなくなります。
予防を訴えて、いかに削らないようにするか、医療として患者利益を優先することは非常に大切なことだと思います。